登山届【登山をする前に必見】知らなかったら罰金!?

moricrew
moricrew
Cover Image for 登山届【登山をする前に必見】知らなかったら罰金!?

キャンプや登山、ハイキングというアウトドアが流行る一方で、遭難事故などが増えているのも事実です。そんな時に、必要になるのが 登山届(登山計画書) なのです。要するに、 事前に警察や家族に提出することにより、足跡を残しておくみたいなものです。 ただ、地域によっては義務化しているところもあるので、 登山届を認知していないがために、罰金を取られてしまった ということがないようにしましょう。

登山届・登山計画書が必要な理由

登山に伴うリスク回避・登山初心者こそ必見

登山といえば危険がつきもので、実際におもってたより登山時間が長くなってしまったりして帰りが遅くなったりすることは頻繁にあります。そんなときに、心配におもった親族の方や所有地の管理人の方が救助隊を呼んでいたりするというケースも考えられます。

いずれにせよ、義務化されていない場合でも 提出するに越したことはないです。 なぜなら、万が一遭難してしまった場合は、提出された登山計画書のルートを辿るだけで済み、救出隊もルートを絞ることができます。

容易に作成できる登山届・登山計画書

2 ハイキング中に迷子

ネットにごろごろとフォーマットなどが転がっていますし、相手は人なので伝わればいいわけです。しかも、家族となればラフな感じで大丈夫です。ただの紙だとしても「こういったところにいき、このルートを使い、この時間にこうこう・・・・」と書いてあるだけでも安心できますね。
できるだけ詳細に書いてあることに越したことはないですが・・・

アプリで簡単に、登山届をオンライン提出。

紙上だけでなくオンラインでも簡単にできるのがありがたいですね。

コンパスアプリ

「コンパス」というアプリです。利用者数も多いので是非使ってみるといいでしょう。
「コンパス」は インターネットで登山届を家族や友人、警察等と共有できるシステム です。

他にも計画書を簡単作成できるアプリがあるのでチェックしてみるといいですね。

登山届や登山計画書はどこに出すの??

3 危ない 登山届は、山岳遭難が発生した時に、 警察による捜索・救助活動を行うための手掛かり として活用するものです。
トレッキングやハイキングをする__地域の警察に提出します。 さきほどの「コンパス」や__インターネットを利用したオンライン提出も主流 になってきています。

前者のように、登山口のポストや近くの交番に提出する方法もありますが、 後者の事前にメールかオンラインで提出するほうがおすすめ ですね。

ルート変更の連絡も忘れずに

ルートが使えなくなったりしていて、ルートを変更することはよくあります。そういうときはルート変更の連絡を忘れないようにしましょう。しなかった場合、救出隊が「もしかして、この封鎖されているルートを使ったのでは!?」と考えてしまうかもしれません。

登山届が義務化する地方自治体が増えている【違反したら罰金!?】

上記の県は条例も設けておりますので、確認してみましょう。
無許可の方は、3~5万円の罰金がある みたいですね。もしこのことを知らずに登山中、遭難をしてしまって、さらには罰金を取られることになったら泣きっ面に蜂ですね。いや、 遭難して多くの方がいまだに行方不明になっている現状 を考えると。蜂が可愛く見えるでしょう。。。

登山届・登山計画書に書くこと

4 mountain-plan-登山計画

  • 日程・出発の日時・到着の日時
  • 個人情報(自分の連絡先を含む)
  • 同行のメンバーの人数・名前・情報
  • 山の名前
  • スケジュール・使うルート
  • 持ち物・食料
  • 緊急時のルート

まとめ

意外と知られていない登山届・登山計画書。低山だからいいやという安易な考えはいけませんね。もし、遭難してしまった家族だけでなく、救助隊にも迷惑をかけることになるわけです。
特に、これからの季節は天候の変化が激しいので、自然災害も起こりやすくなります。安否確認のできるアプリも利用するだけで最悪の場合を回避することができます。
安心を買うことで、思い切って自然を楽しむことができますね。


アクセスランキング

新着記事

おすすめ記事

新着記事

© moricrew. All Rights Reserved.