【人気登山口3選】祖母山「日本百名山」に載っている道はどれ?

moricrew
moricrew
Cover Image for 【人気登山口3選】祖母山「日本百名山」に載っている道はどれ?

多くの登山者が利用する登山口を3箇所紹介します。 所要時間や難易度、標高差も確認して自分に合った登山口を見つけよう。

また、日本百名山である祖母山には 公共交通機関で簡単にアクセスが可能 な登山口があります。

まずは、祖母山について軽くおさらいしましょう。

1分でわかる祖母山

背景くじゅうアケボノツツジ

祖母山の山名は初代天皇である神武天皇の祖母(豊玉姫)に由来します。(余談ですが、神武天皇の5代前の先祖は、かの有名な天照大神です)

標高は1,756メートル で、久住山につぐ九州で2番目に高い山。「日本百名山(1964年)」を執筆した深田久弥が「品格・歴史・個性」をもつものとして選定した山のため、至高な登山ができること間違いなし。

チェックしておきたい。

また、阿蘇やくじゅう連山、晴れた日には遠くの四国や雲仙、天草灘が望める。美しいシャクナゲやアケボノツツジ(上の写真)、オールシーズン見られる風穴の氷など一年中登山客を飽きさせない。

気候条件が整えば、雲海が見られる地域 のため、九合目の標高1,647メートルにある山小屋に泊まってスタンバイするのもおすすめ。比較的近くに水場もあるので重い荷物にも困りません。

祖母傾国定公園・祖母傾大崩ユネスコエコパークにも属する。

祖母山情報

北谷登山口(宮崎県西臼杵郡高千穂町)は令和4年5月28日から規制解除となるため、登山客の入込数も増える見込みです

祖母山の最新ニュースは以下をご確認ください。 祖母山の最新開花状況・水場情報

登山口を3か所紹介

・大分県豊後大野市の 尾平登山口

・宮崎県西臼杵郡高千穂町の 北谷登山口

・大分県竹田市の 神原登山口

尾平登山口 -大分県豊後大野市-

祖母山・頂上

標高差:1,166メートル

所要時間:8~9時間(往復・休憩込み)

難易度:中級~上級

宮原ルートの尾根道「馬の背」から祖母山・古祖母山を一望できる。帰り道は黒羽尾根・天狗岩のルートを通って尾平に戻る周回コースもおすすめですが、はしごや縄がありやや難しめな道もあるのでひとりでの登山は注意していきましょう。

 また、早朝に登らないと戻ってくることが難しいため、登山口近くにある>>ゲストハウスLAMP 豊後大野 に宿泊するのもおすすめ。キャンプ・フィンランド式サウナ・個室・ドミトリーがあり、宿泊者にジビエ料理も提供する。もしくは九合目山小屋に宿泊するのもいい。

他の登山口とは雰囲気が違い祖母・傾・大崩ユネスコパークならではの景観をたのしめるので時間はかかってでも行く価値は大いにあります。黒羽尾根ルートを通るなら必ず足を踏み入れる「川上渓谷」の自然にも圧倒されます。

川上渓谷【森林浴の森100選】

川上渓谷(新緑)

 登山口を過ぎた先には森林浴の森100選に選定された「川上渓谷」がある。登山ではなくこちらで森林浴を目的に来るのもいいかもしれない。

新緑と紅葉の名所で四季折々の景観や白い花崗岩に流れる川を眺めるだけでも十分満足できる。黒羽尾根ルートの帰りにこちらの渓谷でゆっくりするのも至高。 祖母・傾・パンフレットなどにもこちらの渓谷の写真が扱われている。

北谷登山口 ー宮崎県西臼杵郡高千穂町-

北谷登山口・雲海 千間平ルートの途中にある展望から阿蘇と雲海の眺望。

標高差:650メートル

所要時間:4~5時間(往復・休憩込み)

難易度:初級~中級

令和4年5月27日から規制解除(28日から可能)となり平日での登山者が増えるでしょう。また 九州周遊されている方や阿蘇と高千穂を通る方、登山初心者の方 でも気軽に登れる登山口です。時間があれば立ち寄ってみましょう。運が良ければ早朝に雲海を望むことができます。

 千間平コースと風穴コースがあり周回もできる。

千間平ルート からは由布岳・くじゅう連山・阿蘇五岳の展望がみえ、 風穴ルート は祖母・傾・大崩らしい岩場の道がある。風穴ルートはハシゴの道など少し危険な箇所がある。こちらには「風穴」があり、数名でのハイキングならはいってみるのもいいが、汚れてもいい格好ではいるのがいい、風穴の奥では夏でも氷が確認できます。

周回コース(千間平・風穴)を利用すれば行きと帰りで違った景観をたのしめます。風穴コースは中級者から上級者向けの道がございますので、自信がない方は千間平を往復するのがいいかもしれません。

備考:北谷登山口からの黒岳コースは現在通れません(R4.5.24)

神原登山口 ー大分県竹田市‐

神原

標高差:620メートル

所要時間:6~7時間(往復・休憩込み)

難易度:初級~中級

「日本百名山」を執筆した深田久弥が通ったルート。百名山を踏破するために遠くからお越しになる登山客が多い。また地元では本登山道といわれており、祖母山でも唯一バスでのアクセスが可能です。5合目には小屋がありますので、休憩にいいですね。

 また、地元のグループでつくられたガイドもあるので、より詳しく百名山を愉しまれたい方には下記リンクをチェックすることをおすすめします。

駅からバスで【片道たったの30分!】

★竹田豊後駅から予約制直行バスが月~土曜日に運行している。

事前予約を前日の15:00までにする必要がある。

予約・お問い合わせの際には、TEL0974-63-2638 へ電話を忘れずに!

バスの時刻表 【竹田豊後駅ー神原登山口】

行き・祖母山登山口方面

 1便 07:00 2便 09:15

帰り・豊後竹田駅方面

 1便 15:30 2便 17:30


アクセスランキング

新着記事

おすすめ記事

新着記事

© moricrew. All Rights Reserved.